livelybarracudafa19f569
Posts by

livelybarracudafa19f569

日本のカジノ:観光の目玉、それともギャンブルの温床?

私たちの国、日本の文化は、あらゆる面で魅力的かつ豊かです。芸術、哲学、そして世間での振る舞い方の規則などは、そのほんの一部に過ぎません。私たち日本人は、勤勉、忍耐、規律、敬意といった価値を大事にしているとよく言われます。日本にギャンブルが登場した当時、全国的に広がるまでそう時間はかかりませんでした。賭ける対象を見つけることに関しては、限りない創造性が発揮されました。日本とギャンブルの関係は、強いものがあると言えます。筋金入りの街角賭博から、あらゆる種類の賭博禁止まで、日本においてギャンブルはいろいろな浮き沈みを経てきました。 ギャンブル依存 • 日本はギャンブルを違法化していますが、2017年の厚生省調査によると、日本には推定320万人のギャンブル依存症者がいるとされています。 • 無作為に選ばれた1万人の住民との対面インタビューでは、46.9%にあたる4,685人の回答が有効でしたが、3.6%が現在ギャンブル依存症、または人生のどこかの時点で依存症だったとされました。 • この3.6%という数字は世界的に見ても突出しており、そのまま比較はできませんが、オランダの1.9%、フランスの1.2%、スイスの1.1%という同様の統計結果を大きく上回っています。 • こうした人々が依存症に陥る最大の要因は、日本の法律ではギャンブルではなく娯楽として分類されているパチンコです。 • そのため、カジノの建設が日本のギャンブル依存症を更に悪化させるのではないかとという懸念が当然のように浮上します。 • 想定されている内容では、カジノへの訪問は週3回、月10回までに制限される見込みだと言われています。 観光地としての魅力 • 政府はIR施設を何よりもまず日本の観光業に資するものとして宣伝していました。 • 日本の豊かな自然、文化、歴史、伝統、料理を活かし、その魅力を最大限に引き出すことで、今までに例を見ないほど大規模かつ質の高いIR施設として、世界中から観光客が集まる競争力のある目玉になるといいます。 • カジノは、この目的に対してほとんど役に立たないかも知れません。外国人観光客へのアピールがどの程度なのか、疑問があります。…

16 0

日本のカジノ:観光の目玉か、それともギャンブルの温床か

多くの観光客が国内の興味深い場所を観光するために訪れます。海外から見た日本は、観光客を魅了する独特の美があるとよく言われます。カジノに行き、ギャンブルゲームを楽しむこともできます。日本でも、将来、カジノ産業は盛り上がり、プレイヤーがコアなゲームまで楽しめるようになる日が来るかも知れません。いつでもゲームに賭けて、その見返りに大金を獲得できるようになるかも知れませんね。 ギャンブルの温床   観光客が日本を観光しつつ、もし余暇にカジノを楽しむようになれば、もっと盛り上がるでしょう。観光客は日本で、美しい景色、展示物、自然環境、その他の娯楽施設にも出会うことになるでしょう。 旅行を楽しいものにしましょう。 旅行が大好きで近い将来計画中なら、非常に良い選択です。東京、京都、日本アルプス、長崎など、多くの場所に行ってみたいですよね。こうした場所はそれぞれユニークな魅力があり、見る人を驚かせてくれます。もしかすると、近い将来カジノも観光客に更なる娯楽と興奮をもたらすようになるかも知れません。観光地巡りよりもギャンブルゲームで遊ぶためだけに来日する観光客も増えるかも知れません。かつてラスベガス・サンズコーポレーションとMGMリゾーツ・インターナショナルという企業が、日本国内でカジノを開業する許可を取得しました。これは非常に大きな第一歩であり、今後が期待できるものでした。更に多くの企業が、これから数年の間にギャンブル施設を開業することが期待されていました。

15 0

カジノ運営と観光業 

日本はギャンブルを違法化しているにもかかわらず、2017年に厚生省の調査が行われ、国内にギャンブル依存者が320万人もいることが分かりました。無作為に選ばれた住民1万人への対面インタビューでは、3.6%が現在ギャンブル依存している、または人生のどこかの時点で依存していたと見なされました。なお、有効回答は46.9%に当たる4,685人でした。 3.7%という統計結果は、比較可能性に問題があるとはいえ、オランダの1.9%、フランスの1.2%、スイスの1.1%と比べて高い数字です。日本の規制ではギャンブルではなく娯楽と分類されているパチンコが、こうした多くの依存を生み出す最も重要な要因です。パチンコは、2016年に21.6兆円という驚異的な規模の巨大産業になっています。 日本のカジノ:観光の目玉、それともギャンブルの温床?新しいレジャー白書ではカジノ導入に賛成していますが、実際のところ、カジノが日本のギャンブル依存を悪化させるのではないかという懸念が高まっています。 民営ギャンブルゲームの合法化 もしカジノが合法化すれば、日本で初めて民営ギャンブルが解禁されることを意味し、国の政策に歴史的な変化をもたらすでしょう。現行法は、国家が委託する特定のゲームでのみ、ギャンブルを許可すると規定しています。すなわち、競馬、競輪、競艇です。こうした特別なギャンブルは、戦後に地域経済の復興のための施策の一環として始まり、一定の基準を満たすことで正当化されてきました。具体的には、非営利事業として運営し、競馬の場合はレースから得た利益を近隣地域で医療、福祉、学校教育、スポーツ政策を推進するために使用するよう義務づけられています。カジノ経営者は、こうしたルールに準拠して、利益の透明性についての懸念を解消するため、国や自治体へと純利益の30%を拠出しなければならない可能性があります。 観光業への恩恵 日本政府は何よりもまず、IR施設は観光業にとって有益だと主張していたようです。しかし、反対派は、カジノが外国人観光客を惹きつけるという結論に対して、カジノはあまり受け入れられないだろうと主張しています。日本政策投資銀行と観光庁が共同で行った2017年の調査では、日本をカジノのために訪れる外国人は少ないとしています。 調査では、韓国、中国、米国、英国、フランスなど12カ国・地域の市民を対象に、日本に行ったらIR内でどんな種類の施設を訪れるかを尋ねました。その結果、カジノが7%、ショッピングセンターが46%、宿泊施設が43%でした。一方で、自治体による調査では、海外からのIR観光客よりも日本人の関心が高いといいます。大阪府が発表した研究によると、府内の人工島である夢洲にIR施設を建設した場合、2024年に約1300万人が訪れる可能性が高いとされ、そのうち国内からの客が72%を占める938万人と圧倒的になりました。

13 0

日本のカジノ:観光の目玉か、それともギャンブルの温床か

安倍元首相内閣の時、国会では審議が白熱していました。統合型リゾート(IR)施設開発のための規則を定める議論です。IRとは、カジノだけでなくショッピングセンター、劇場、ホテル、テーマパークなどの施設を含む総合的なエンターテインメント複合施設を指します。ここでは、カジノ賛成派と反対派の対立を検討してみます。 日本のカジノ:観光の目玉か、それともギャンブルの温床か。 ギャンブル依存症 日本ではギャンブルは違法化されていますが、2017年の厚生省の報告書によると、320万人のギャンブル依存症患者がいます。無作為に選ばれた1万人の住民との対面インタビュー結果では、有効回答は46.9%に当たる4,685人で、そのうち現在もしくは人生のどこかの時点でギャンブル依存症であったとされたのは3.6%でした。 3.6%という数字は、直接比較可能ではないとはいえ、オランダの1.9%、フランスの1.2%、スイスの1.1%を大きく上回り、国際的に高い数字です。依存の原因となる最大の要因は、日本の法律でギャンブルではなく娯楽に分類されているパチンコです。最新のレクリエーション白書によると、パチンコは2016年に21.6兆円という巨大産業になっています。 そのため、カジノ建設が日本のギャンブル依存症を悪化させるのではないかという懸念が当然のように生じます。しかし、シンガポールのケースを引用し、同国のギャンブル問題に関する国家会議(NCP)によると「一般的な懸念に反して、2005年の4.1%から2017年の0.9%へと、カジノ合法化以降カジノ依存症の比率が低下している」と主張しています。 日本のカジノ:観光の目玉か、それともギャンブルの温床か。 民営ギャンブルの合法化 もしカジノが合法化すれば、日本で初めて民営ギャンブルが解禁されることを意味し、国の政策に歴史的な変化をもたらすでしょう。 現行法では、競馬、競輪、競艇などの国営スポーツ賭博のみが許可されています。こうした事業は、地域経済を活性化するために戦後に始まったもので、運営は非営利にするなど、いろいろな要件に従わなければなりません。例えば、競馬の場合、自治体は競馬からの収入を医療、福祉、教育、スポーツ政策を支援するために使用することを義務づけられています。 法案によると、国・自治体に対してカジノ営業利益の30%を拠出せねばならず、カジノ運営者の利益は残りの70%のみとなるのではないかと不安視されています。

11 0

日本のカジノは観光の目玉か、それともギャンブルの温床か

安倍元首相内閣の時、IR法案に関して国会では審議が白熱しました。IR法案は、日本での統合型リゾート(IR)施設の建設に関するもので、カジノ法案とも呼ばれています。 IRとは、カジノだけでなく、ショッピングセンター、劇場、ホテル、テーマパークなどを組み合わせたエンターテイメント複合施設のことを指します。 ここでは、カジノ法案の賛成派と反対派の間の論争について、重要な点をかいつまんで概要を説明します。 ギャンブル依存症 日本ではギャンブルは違法化されていますが、2017年の厚生省の報告書によると、320万人ものギャンブル依存症患者がいます。 無作為に選ばれた1万人の住民との対面インタビュー結果では、有効回答は46.9%に当たる4,685人で、そのうち現在もしくは人生のどこかの時点でギャンブル依存症であったとされたのは3.6%でした。 3.6%という数字は、直接比較可能ではないとはいえ、オランダの1.9%、フランスの1.2%、スイスの1.1%を大きく上回り、国際的に高い数字です。 依存の原因となる最大の要因は、日本の法律でギャンブルではなく娯楽に分類されているパチンコでしょう。最新のレクリエーション白書によると、パチンコは2016年に21.6兆円というとてつもない規模の巨大産業になっています。 このため、カジノ建設が日本のギャンブル依存症を悪化させるのではないかという懸念が生じます。 しかし、シンガポールのケースでは、同国のギャンブル問題に関する国家会議が「一般的な懸念に反して、2005年の4.1%から2017年の0.9%へと、カジノ合法化以降カジノ依存症の比率が低下している」としていることから、問題にならないと主張する考えもあります。 民営ギャンブルの合法化 もしカジノが合法化すれば、日本で初めて民営ギャンブルが解禁されることを意味し、国の政策に歴史的な変化をもたらすでしょう。…

12 0
Load more